2010年05月22日

周りの人への配慮が大事

たとえば、イチモチなど、昼間は、
砂やどろが混じっている深い海におり、
浅いところへは、夜や、昼間でも海がにごっているときにしか
あがってこない、といった習性をもつ魚の場合、
夜釣りで釣ることもあります。

夜の釣りでは、特に初めての釣り場の場合、
思わぬ危険が伴ったり、
まわりの人に迷惑をかけたりといったことが、
昼間以上に起きがちです。夜釣りの危険に注意し、
マナーをきちんを守って、楽しい夜の海釣りにしたいものですね。

夜釣りの注意点
1.初めての釣り場の場合は、明るいうちにいって釣りの
準備をしましょう。

2.ヘッド・ライトは、夜釣りに便利で、
ついライトをつけてしまいがちです。
しかし海に向かってライトをつけるのは厳禁です。
うっかり海面を照らしてしまうと、
魚が逃げ、回りの人にも迷惑です。
必ず、背を海に向けてからライトを照らすようにします。
また、防波堤などで、ライトをつけて歩きまわるのもやめましょう。
魚が逃げてしまいます。

3.予備のリールやしかけなどは、ひとまとめにして、
ビニール袋に入れます。周りに散乱して足もとが危険なのと、
波しぶきを受けるのを避け、
砂で釣り用具を傷めないようにするためです。
少々不便ですが、砂浜では、道具類はうしろのほうの
高いところに置くようにしましょう。

4.昼間、どんなに暑くても、夜の海辺はかなり冷え込みます。
セーターなど、防寒対策を万全にしましょう。

5.周りの人への配慮を特にしましょう。



リンク集


ネットワークビジネスで友達を失ったあなたへ


過去の悪いイメージが大きすぎるネットワークビジネス


ネットワークビジネスの成功と潜在意識との関係


ボーナスみたいな副収入があったらあなたはうれしいですか?


正しい努力でないと徒労に終わる!!


権利収入はネットワークビジネス以外なし


何じゃ〜これ!フォーリーフ・ジャパンの行政処分


ロバートキヨサキ氏が言うネットワークビジネスの真実とは


いよいよアメリカの携帯電話会社ディズニーモバイルが日本進出


posted by 栗ちゃん at 12:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。