2010年07月31日

メーカーとのトラブルに合わないために

ロハスな生活を送るために思い切ってログハウスを購入したのに、

あろうことか依頼したログハウスメーカーとの間にトラブル発生!

そんなことがあっては、ロハスな生活どころか精神的に

参ってしまってその後のログハウス生活に嫌気がさしてしまいかねません。

メーカーとのトラブルに合わないために、また運が悪く生じてしまったトラブルに対処するために、いくつかの例を挙げてみたいと思います。

●担当者が会社を辞めてしまった…メーカー内のコミュニケーションが円滑であれば、担当者が替わっても特に心配はいりませんが、時として的確な引継ぎをしないまま辞めてしまうパターンもあります。
 この場合、何か問題が生じた時に責任の所在が不明確になりやすいのです。
 契約書には、どの内容について誰が責任を負うのかをはっきり明記しておきましょう。
 後々の安心のために、契約書には責任者の印を押してもらい、責任の所在をはっきりさせておきましょう。


●サービスと思っていた家具の代金を請求された…確かにログハウスによく似合うテーブルなどをサービスされれば嬉しいし、実際そうやって端材でちょっとした棚を作るなどのサービスを行なうメーカーもあるようです。
 ところが、サービスかと思っていたのにログテーブルに何万円も請求が来た、という話も聞きます。
 契約時に確認しておけば防げることですし、途中でそんな話が出た場合は費用について必ず確認しておくことが大切です。


●メンテナンス依頼をしてもなかなか来ない…保証書に記載されている時期、内容に則ってしっかりメンテナンスしてもらいましょう。
 しかし小規模なメーカーでは繁忙期にはログハウスの建築に追われてメンテナンスがどうしても後回しになりがちです。
 メーカーの規模などは契約前から分かっていることなので、契約時にメンテナンスについても確認しておき、あとはお互いの理解の上での対処となるでしょう。


リンク集

失敗しないネットワークビジネスの選び方  その2


失敗しないネットワークビジネスの選び方  その3


失敗しないネットワークビジネスの選び方  その4


ネットワークビジネス・悪徳商法・悪質業者被害


投資詐欺・出資金詐欺・未公開株詐欺とは


ネットワークビジネスのサイズって知っていますか?


ネットワークビジネスのアムウェイが一番!


ネットワークビジネスのプライマリー とは何?


ネットワークビジネスの仕組みは日本の流通世界を変える!!


ネットワークビジネスの勧誘を受けたことがある人に朗報!


食の安全・安心のための制度 その4


食の安全・安心のための制度 その5


農産物等の生産方法・食品の安全確保 1


農産物の安全な生産のための規制措置


農業者等における自主的な取組みの推進





posted by 栗ちゃん at 11:39| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

互換性のある機体

posted by 栗ちゃん at 05:11| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。