2010年09月11日

京都に好んで旅行に行く人は多いようです

京都府は、長年修学旅行の行き先の一つとして定番化していますよね。

それだけではなく、老若男女問わず、様々な人々が観光に訪れます。

海外志向が強くなった昨今、観光客は減るどころかむしろ増え続けています。

これは凄い事じゃないでしょうか。

ガソリン価格の高騰で海外旅行のコストが大きく増えている今、

国内旅行が見直されていますが、その筆頭に立つのが京都府ということになりそうです。

そんな京都府が、何故飽きられる事なく観光名所のトップとして

君臨し続けているかというと、それにはいくつもの理由が考えられます。

まず始めに、これまで築き上げてきた実績を挙げない訳にはいかないでしょう。

「そうだ、京都へ行こう」というフレーズが一時期はやりましたが、

それが成立するくらい、京都という場所には行く事が

当たり前のような雰囲気があります。

それは、「京都=観光名所」という公式を、

長年の積み重ねによって築いたからです。

特にお年寄りの方は、こういった歴史の重みを大事にしますので、

京都に好んで旅行に行く人は多いようです。


リンク集


『協力を求めることは「弱さ」ではない』


真のプラス思考でないと成功しません


『人に元気パワーをあげよう』


『相手が思わず感激してしまうあいづち』の打ち方!


いい思い出よりも、悪い思い出の方が強く記憶に残る!


売り上げランキングの上位の会社が成功しやすいですか?


ネットワークビジネス推進連盟の今後は?


法律は人を裁くためか?守るためか??


こんな時代だからこそ起業し、もう一つの収入源を!


ネットワークビジネスで宮脇健 が大儲けした方法!


農畜産物の生産から消費(家庭に届く)まで


農畜産物の生産から消費まで 2


農畜産物の生産から消費まで 3


卸売市場 1


卸売市場 2




posted by 栗ちゃん at 09:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。